大切なことは早期発見|腰部脊柱管狭窄症の治療

女性医師

代表的ながんの一つ

カウンセリング

肺腺がんは肺がんの中で最も多いと言われるがんで、これの治療法としては手術などの標準的な方法の他に免疫療法などを利用することも可能です。また、肺腺がんは喫煙や受動喫煙と関係があり、転移しやすく初期症状が出にくいので、対策として禁煙と定期的な検査をすると良いでしょう。

体にやさしい治療法

ドクターと老人

免疫細胞治療はがんの標準治療との組み合わせでより効果を上げる可能性が高く、さらに副作用が少なく体に負担がかかりにくいという利点も持っています。これは進行がんの人でも利用することができる治療法で、これからさらに発展することが考えられるという魅力もあります。

生活習慣を見直そう

病室

生活習慣病が気になる人は梅田クリニックへ受診をすると良いでしょう。梅田クリニックは生活習慣の見直し、指導をわかりやすく行なってくれる病院です。忙しい人でも無理なく通える立地にあるので、仕事帰りでも立ち寄ることができます。

脊柱管が狭くなる病気です

医師と看護師

整形外科で精密検査

現代人は腰痛に悩んでいる人が多いですが、足の痺れやこわばりなどが見られる場合は、腰部脊柱管狭窄症を疑う必要があります。腰部脊柱管狭窄症は、腰の内部の神経の通り道の脊柱管が狭くなる病気で、神経を圧迫して腰の痛みや下半身などの痺れが見られる病気です。背中を反らせると症状が悪化しやすく、前かがみの姿勢を取ったり、しゃがんだりすると痛みが緩和することが多いです。この病気は加齢が原因である場合がほとんどですが、姿勢の悪さが原因でも起こりやすくなります。病気が疑われる場合は、放置をすると症状が進行するため、早めに整形外科に通院をして、診察を受けたり、精密検査を受ける必要があります。X線やMRI、CTなどで検査を行います。

病院での治療法を知りたい

腰部脊柱管狭窄症は、症状が進行してくると歩行が困難になる場合があるので、普段から杖や歩行器などを上手に活用することが大事です。消炎効果の高い湿布薬を処方してもらったり、痛みを緩和する内服薬を続けたり、神経ブロックによる治療を行います。初期段階の時はこれらの治療を行うと、辛い症状が改善されますが、病気が進行して生活に支障をきたす場合は、手術を行うことがほとんどです。腰部脊柱管狭窄症は、前かがみになると楽になるので、歩行をする時は試してみると良いでしょう。手術が終わると理学療法によるリハビリが必要になりますが、温熱療法を行ったり、牽引などを行うことが多いです。早期に発見すると体に負担の少ない治療が受けられます。